群馬県桐生小曽根町の岩野響さん(15)が自家焙煎の珈琲豆を販売する「HORIZON LABO」というお店をオープンさせたそうです。

群馬のニュースとして取り上げられています:優れた味覚生かしコーヒー豆焙煎 発達障害の15歳が開店

このニュースを読んで単純にいいことだなぁと思いました。私の周りには何人かアスペルガー症候群の人がいます。なので小さな頃からこの病気を知っていますし、症状や特徴も他の人よりよく知っています。障害と戦って学校に通ったりすることももちろん良いことだと思います。ですが、実際はかなり大変なことですし過酷な戦いが長く続きます。(私は障害のことを「アスペ、アスぺ。」とディスにつかう人がとても嫌いです。)私はこの病気と向き合っていく中でいくつかの選択肢があるように感じます。その中で自分の良さを存分に伸ばし強みに変えていくことを選択した15歳の響さんをかっこよく感じました。

何か一つのことに集中し、何かに特化した感覚を持っているのもこの障害の一つですね。同じ焙煎をしている身として響さんの感覚にとても興味があります。響さんの感じる「おいしい」を実際に堪能してみたいです。

3日〜4日以内に焙煎したものを販売しているところもとても魅力的ですね。

instagram:https://www.instagram.com/horizon_labo/

HP:https://www.horizon-labo.com

ニュースで取り上げられてから、来店や問い合わせが多すぎて困っているそうです。障害のある方が営業していることを忘れないこと・・・。ゆっくり社会とつながることのできるように応援も含めて、様子を見てお豆を買いに行けたらいいなぁと思っています。

同じロースターも使っているみたいですし、いつか直接ゆっくりお話ししてみたいですね♪その時までにもっと焙煎の腕を磨かなければ!

是非、アスペルガー症候群のことも含めチェックしてみてください。

written by Maisie

Advertisements